ダブルシックス 170項目点検整備内容       BACK

今まで膨大なDD6の整備を行って来た中で、10年間掛かって開発しました。このシリーズVダブルシックスのウィークポイントと永年経過につれての不調を来たす傾向を探し出し、納得ゆく迄追求、改善したものが施工に1ヶ月以上費やしても行う170項目ダブルシックスチェックです。
(平成17年11月20日より
160→170項目に変更致しました。)
(平成19年1月30日より160→174項目に変更致しました。)
(平成19年1月30日より174→175項目に変更致しました。)イグニッションコイルの国産化
(平成20年11月1日より175→178項目に変更致しました。)

エンジンルーム点検 足回り点検(フロントハブ関係・タイヤ)
ヒューズBOX裏側の焼損の有無 95 フロントハブのガタ
エアクリーナーの検査、テスター使用 96 フロントハブグリース汚れ
燃料ホースの状態交換 97 フロントハブスピンドル磨耗
同上 トランク上 98 フロントハブシール損傷
同上 下回り 99 タイヤの損傷 リフトアップ時点検
燃料ホースの締め付け エンジン内 フロントサスペンション
同上 トランク内 100 タイロットエンドブーツ
同上 下回り 101 クロスメンバーマウント4ヶ所
燃料フィルター 交換時期 102 エンジンマウント2ヶ所
10 燃料ポンプ 異音 交換時期 103 アッパー、ロアーボールジョイント
11 左右フューエルプレッシャー
レギュレーターバルブ 機能点検
104 アッパー、ロアーブーツ
12 スロットルシャフトのリンク系のガタ
13 バランスチューブのガタ及びホースのはめ込みゆるみ 105 アッパーアームのブッシュ交換
14 スロットルシャフトナイロンブッシュ 106 ロアーアームのブッシュ状態
15 ウインドウォッシャー液 107 ロットアーム類ガタ
16 水抜きホース詰まり点検清掃 108 ショックアブゾーバー、ラバーブッシュ等点検
    109 フロントサイドスリップ点検調整
17 ヒーター作動検査 パワーステアリング
18 エアコン作動点検 110 ラック、ハンドルBOXオイル漏れ
19 エアコンガス漏れ点検 111 左右ブーツ内オイル漏れ
20 エアコン各ホース他機能検査 112 BOX取り付けブッシュの損傷
21 エアコン用アイドルベアリング脱着点検 113 パワステオイルポンプ漏れ、量
22 エアコンガス圧力検査 114 パワステホース状態(高圧ホース、低圧ホース、7年過ぎたら交換)
23 エンジンアイドリング状態 115 作動時の異音の有無・機能
24 エンジンのかかり具合・異音 リアーサスペンション
25 エンジンの加速状態 116 デフオイル汚れ、量
26 エンジンスターター本体電源コネクターの状態 117 デフ異音
オイル漏れ・汚れ量 118 リアカバーオイル漏れ
27 バルブカバー 119 デフミットシール左右オイル漏れ
28 バルブリフターブロック 120 デフザイドシール左右オイル漏れ
29 シリンダーヘッドガスケット 121 リアサスペンションメンバーマウント4ヶ所点検
30 クランクシャフト前後 122 ラジアスアームブッシュ点検
31 フロントカバー 123 デフギヤーのガタ
32 オイルパン上・下・両部分 124 リアーショックアブソーバー点検
33 シリンダーブロックサイド 125 走行テスト中デフロック機能検査
(曲路加速、坂道加速でノンスリップ検査)
   
34 エンジンオイル汚れ、量、交換指示 ホイール
35 オイルフィルター汚れ、交換指示 126 ボルトナットの緩み
36 LLC汚れ、量、交換指示 127 タイヤの空気圧
37 ブレーキオイル汚れ、量、交換指示 バッテリーダイナモ
38 漏れ部分不明の場合クリーニング 128 ダイナモ性能検査
点火装置 129 ターミナル部の緩み
39 ディスビキャップの状態 130 ターミナル掃除
40 ガバナーの作動 131 バッテリー性能検査・液量・比重
41 ローター状態 ブレーキ
(走行キロ・古い車・車暦の多い場合特に注意)
   
42 バキュームコントロール及びバキュームホース等 132 マスターシリンダー液漏れ
43 ハイテンションコード点検 133 フロントキャリパーシリンダー作動戻り具合等(5年毎O/H)
44 スパイラルチューブ巻き付け(擦れによるリーク防止) 134 リアキャリパーシリンダー作動戻り具合等(5年毎O/H)
45 アンプリファイアーの状態(対策 有 無) 135 ブレーキオイルレベルセンサー点検
46 イグニッションコイル(シングル ダブル) 136 ディスクパットの磨耗・隙間
ブレーキパット厚さ作業前残
ブレーキパット厚さ最終値
   
47 プラグ12本点検 137 ローターの変形と損傷、交換
48 ピックアップコイルと配線の損傷 138 ブレーキホースパイプの漏れ・損傷・
取り付けの状態
49 イグニッションタイミング(点火時期) 139 パワーブレーキ機能・配管
50 排気ガスの状態 140 チェックバルブ等
51 パワステ、ダイナモ、エアコン、クーリングファンのベルト検査 フットブレーキ
52 電動ファン及びモーターの状態の取り外し点検 141 効きしろ
53 同上 ブッシュ点検 142 効き具合
54 ファンセンサー、ファンカップリング パーキングブレーキ
55 ラジエターキャップ2個検査 143 効きしろ
56 ラジエターロアホース3年経過した物 144 効き具合
57 ラジエターサブタンクオーバーフロウバイパスホース等の検査 145 パーキングブレーキパット点検
146 制動力をテスター数値記入
58 ラジエターとエアコンコンデンサーの間の清掃(上部プレート脱着時には黒ニス仕上げ)(必要ならばラジエターを脱着、O/H) オートマチックトランスミッション
59 冷却水漏れ 目視 147 オイル漏れ、量
60 ファンプーリーベアリング脱着点検(ファンカップリングの後部ベアリング) 148 場合により走行テスト各シフトの機能、異音
61 ファンベルト用アイドルベアリング脱着点検(ジョッキプーリー) 149 ミッションオイルの汚れとキロ数でオイル及びフィルターの交換判断
62 ダッシュ板サイドカバー外してのヒーターコアー機能検査 150 ニュートラルスイッチの作動テスト
ボディ内外及び室内点検 151 オートマチックトランスミッションマウント・ブッシュ・スプリングの検査
63 雨漏れ検査、ピラー下部のカバー左右を外してコネクター、リレー等を検査 プロペラシャフト・ドライブシャフト
64 ドアロック作業 152 連結部の緩み
65 室内左右ヒューズBOXの焼損の有無 153 ゲージによりプロペラシャフトアライメント点検
66 シフトインジケーターの位置及びランプ点検 154 プロペラシャフト・前後及び中間ジョイントの損傷
67 ルーム、マップ、ドアランプの点検 155 (マフラー及びEXSTパイプを外して検査する時有り)
68 時計、ラジオ等の点検 156 ドライブシャフトの状態ガタ・緩み・給油
69 アンテナ、リレー機能 マフラー及びパイプ
70 ボディの傾きフェンダー位置で計測 157 取り付けの緩み・損傷
71 車両全体事故暦の有無(リフトUP時) 158 マフラーパイプ上部のインシュレーター(ラバー)劣化及び取り付けボルトの緩み
72 ボディ走行中の異音 室内外 159 リヤーマフラー最後部のインシュレーターラバーの損傷ガタ
73 ドアー、ボンネット、トランクフードの立て付け ガソリンタンク
74 パワーウインド機能 160 ガソリンタンクにじみ、漏れ、点検
75 サンルーフ機能 161 ガソリンタンクのエアー穴の詰まり点検両タンクからキャニスター清掃
76 パワーシートリフター機能 162 ガソリンタンク最下部ガソリンフィルター清掃
77 電動ミラー機能 163 *163で汚れ多い場合はタンク内清掃
78 ウインド、ガラス傷、損傷 164 チェンジオーバーT型バルブ作動点検リアフェンダー内のカバー取り外し
79 クラクション点検 165 リターンバルブ ガソリンもれ及び作動確認 右 左
80 運転席レールのガタ 有 無 走行テスト
81 ワイパーブラシ点検及び機能 166 路上走行テスト 整備前
82 ヘッドライトワイパー作動確認 167 路上走行テスト 整備後
83 シガーライター機能 168 スピードメーターテスター検査振れも後点検記録する
84 モニターランプの点検 169 トリップコンピューター作動確認
85 ヘッドライト、ストップランプ等の状態 170 クルーズコントロールの機能
86 ヘッドライトエーミング調整(車検時)
87 サイドマーカーランプ曇り清掃
88 ドアーのウエザーストリップ 制動力
89 トランクーのウエザーストリップ 前輪 *kg 軸重*kg 左右差*kg
90 リアウインドウ下部及びドレーンホースの清掃
91 トランク上部、フラップの状態 *kg (8%以下)*%
92 トランク内天井点検
93 各ドア四方下部水抜き穴詰まり点検清掃 後輪 *kg 軸重*kg 左右差*kg
94 シート保護材 ハイドフッド塗布 *kg *% (8%以下)*%
計(総和 *kg 車両重量
*kg
(50%以上)*%
手動 *kg (20%以下)*%