K・I様 1992年式 ダブルシックス 埼玉県御在住



『私の愛車、1992年式プラチナのダブルシックスとは平成11年10月10日、バランス熊谷社長
 より納車いただいて以来、足掛け5年の付き合いとなります。
 それまでにローバーミニクーパー、モーリスミニトラベラー(1967年式)、シボレーと乗り継ぎ4台目
 となりますが、ファーストカーとして生涯付き合っていきたいという心境です。
 ダブルシックスそしてバランスについて思うところは一言二言では言い尽くせませんが、少しでも興味
 を感じ始められた方に素直なメッセージを送らせていただきます。
 
 ダブルシックスについて・・・
  乗ってよし・眺めて良しで、明らかに過剰品質が感じられるほどの贅沢な作り、英国ジャガーの
  純血を色濃く残す最後の車と言っても過言ではないと思います。
  ただ、メンテナンスフリーではありません。が、自分自身の健康診断同様、然るべき整備工場
  で年に1度見ていただくようにすれば訳のわからない(走りそのものに影響するような)トラブルは
  一切ありません(多少健康に気を遣う必要があるほうが案外健康を維持できるのは人間と同じ
  で、ただの機械ではない親近感を覚えます)
 
 バランスについて・・・
  熊谷社長とご家族を中心とされた人間味溢れるショップであり、ダブルシックスへの造詣の深さ
  は然ること乍ら、そのお人柄が最終的に購入を決めた最大の理由であります。
  ことにダブルシックスのような趣味性の高いものは、その性質上どのような店(人)から購入する
  かということが最も肝要に思います。
  購入後も本当に細やかにお気遣いいただき、維持していく上での不安は全く感じておりません。
 
 最後に・・・ 
  乗り手が成長できる車であると確信しております。したがって、似合う齢まで・・・という気持ちも
  理解できますが、むしろある程度若い方が多少背伸びをして所有されることにも大きな意義が
  あるように思います。
  あこがれや興味はあるが少し気が引けて・・・という方、是非一度バランスに立ち寄られ、熊谷
  社長のお話を聞かれるだけでもその後のカーライフを一考させられるものを感じられるはずです。』
 


お写真を頂く前に掲載させて頂き恐縮でございます。
このDD6をお納めさせて頂いた時、K・I様は”
一生の宝物として持ち続けます
と、おっしゃって下さった事がとても強い印象に残り、大変嬉しく存じます。
本当に有難う御座います。  (熊谷 正興)

back