Volvo C70 cabriolet(ボルボC70カブリオレ)
BACK

Volvo C70 cabriolet(ボルボC70カブリオレ)


車名 Volvo C70 Cabrioret T−5 全長 471cm 最終モデル
T5クラッシック

電動オープン
4人乗り

ホワイトパール
17インチホイール
プレミアムサウンド
10スピーカー
プレミアムソフトレザー

パナソニックストラーダ
HDDナビ・バックカメラ付
ETC

年式 2005年式 (2006年3月登録) 全幅 181cm
ハンドル位置 右ハンドル ディーラー車 全高 140cm
外装色 ホワイトパール 車両重量 1660kg
ブラック 排気量 2300cc
内装色 リネンホワイト
(プレミアムソフトレザー)
型式 TA-8B5234K
走行キロ 39000km 原動機の型式 B5234
車検 23年4月 乗車定員 4人
車両本体価格 売約済み 燃費10-15 8,5km/L
税込価格 有難う御座いました。 新車時価格 590万円
加修その他の為、価格は予告なく変更する事があります。

在庫車ビデオ郵送致します

☆全車 コーティング、ルームクリーニング、エンジンルームクリーニング後 御納車致します☆


ボルボC70カブリオレVolvo C70 Cabrioret

ボルボのオープンカーC70カブリオレ
あまりオープンカーのイメージのない、ボルボのカブリオレ。どちらかと言うとワゴンのイメージが強いメーカーなので、あまりピンとこないかも知れませんが、オープン時のスタイリングはとても綺麗でスタイリッシュです。(特にリアが!)4人乗りのオープンカー市場では、発売以来高い人気を博しております。C70のCはクーペやカブリオレを意味し、C70クーペをベースとしたカブリオレで、上級のスペシャリティカーに仕上がっています。

ボルボC70カブリオレの乗り心地
乗り心地はスポーティと云うよりもゆったり。シートも大きく、やわらかなソファーと云った趣です。4人が快適に楽しめる、数少ない4シーターオープンカーでしょう。エンジンはトルクフルで、高速時でも加速にストレスを感じません。

ボルボC70カブリオレのエンジン
駆動方式はFF。横置き2.3リッター、可変バルブタイミング機構付き 直列5気筒DOHC20バルブのハイプレッシャーターボを搭載。最高出力は5400回転時に245馬力を発生。最大トルクも33,7kgmとシリーズ最強のとてもパワフルなエンジンです。電子制御の5速オートマミッションと組み合わせれ、パワフルに加速します。

ボルボC70カブリオレのソフトトップ
ボルボC70カブリオレのソフトトップは、開閉をボタン1つで出来ますので、女性でも気軽にオープンを楽む事が出来ます。(ある女性の話ですが、おしゃれでつけ爪していると、幌のレバーで引っ掛けてしまい取れてしまう心配があるので、ボタンだけて済むなら大変嬉しいと言っておられました。)

ボルボC70カブリオレの安全装備
忘れてはならないのが、定評のあるボルボの安全性。もちろんこのC70カブリオレでも存分に生かされています。SRSエアバッグ、SIPSサイドエアバッグ、サイドインパクトバー、ROPSロールオーバープロテクションシステム(転倒時リアヘッドレスト後側のクラッシュバーが瞬時に立ち上がります。)、ABS、STCスタビリティトラクションコントロール(タイヤの空転を防ぐ装置)等々、オープンカーと言えど抜かりはありません。

ボルボC70ホワイトパール
ボディーカラーは、アメリカ市場で人気のセレブ感たっぷり、ホワイトパール。足元は17インチアルミホイール。シートはプレミアムソフトレザーのリネンホワイト。オーディオは某誌にてベストカーステレオ部門最優秀賞を受賞し、評価の高い北欧の名門デンマーク・ダイナオーディオ社製のスピーカーシステム”プレミアムサウンド・オーディオシステム”。もちろんシートヒーターも装備。北欧のプレミアムオープンカーを存分に楽しんでください。

高い満足度
carviewのユーザーレポートを読むと、皆さん ”とても高い満足感” を得ている事実がわかります。


カブリオレの用語に付きましてはこちらをどうぞ






































HOME移転お報せ会社紹介在庫車DD6について175項目DD6整備|保証内容
お客様のお言葉GARAGE GALLERYMAPMAIL買取LINKOPENCAR SITE


(有)バランス 横浜市都筑区川向町121 TEL 045−475−5811  e-mail balance@dd6.jp

http://www.dd6.jp

Copyright(c) 2002-2006 balance,All rights reserved balance@dd6.jp