販売車両 30U28 DD6 

DaimlerDoubleSix

1992年式 ディムラーダブルシックス シリーズⅢ
ディーラー車 1オーナー‼ 48,000km 右ハンドル
リージェンシーレッド / ドスキン
車検:令和7年7月20日

車両本体価格(税抜き)6,100,000円
車両本体価格(税込み)6,710,000円
お支払い総額例 6,777,255円~

今と成ってはとても希少なリージェンシーレッドの1オーナー‼今のオーナー様がご高齢に成られ車を降りられたので出て来た極上車です。長年大事に所有されてご愛着もひとかたでは無く、売らないでガレージに保管し眺めてる・・・と仰って居られたのですが、ご子息様が「管理し切れない、動いて居ないと壊れるばかり」と反対され泣く泣く手離され2ヶ月振りに漸く私どもにお譲り頂いたエピソードが有りました。トランクとボンネットに写真では撮りにくい程の細かい石はねが有りますが、これだけの事で部分ペイントを施しますと他の境目との違和感(どうしても長年日光に当たりペイント上の変化が有る部分とがペイントし直した直後は判り難いのですが、時間と共に判る様に成りますので)が出来と折角のオリジナルペイントを駄目にして仕舞うのでこの状態でのみ販売致します。新車から今迄の全ての整備記録簿が御座います。(少走行キロ数の証明にも成ります。)以下の通りです。これに31年前の車なのでバランス独特の210項目DD6点検整備を施工後1年間又は1万キロどちらか先に到達時迄の保証を付帯してお納めします。整備には約2か月位掛かります。

整備記録簿
平成4年8月 ジャガー大分 新車時1500km点検 1,702km
平成6年2月 アサヒアルファ大分 新車時6500km点検 6,398km
平成9年4月 (株)竹田整備工場[認証大-22]24ヶ月点検整備 19,666km
平成11年4月 協業組合熊本車検センター[指定番号 熊-286]24ヶ月点検整備 25,402㎞
平成13年3月 同上 24ヶ月点検整備 31,221km
平成17年4月 (株)竹田整備工場[認証大-22]24ヶ月点検整備 36,542㎞
平成19年4月 同上 24ヶ月点検整備 37,952㎞
平成21年4月 協業組合熊本車検センター[指定番号 熊-286]24ヶ月点検整備 39,368㎞
平成23年5月 (株)竹田整備工場[認証大-22]24ヶ月点検整備  41,181㎞
平成25年6月 同上 24ヶ月点検整備 42,116㎞
平成27年6月 同上 24ヶ月点検整備 43,441㎞
平成29年6月 同上 24ヶ月点検整備 44,957㎞
令和元年6月 同上 24ヶ月点検整備 45,884㎞
令和3年6月 同上 24ヶ月点検整備 46,693㎞
令和5年7月 同上 24ヶ月点検整備 47,769㎞

販売車両 30U7 Arden AJ4-1

売約済み

Arden AJ4-1

1990年式 123,700km

とても珍しい「アーデンDD6」です。私、熊谷正興がアーデンジャガージャパンの新車時から現在まで全てのオーナー様に納めさせて頂いております。直近のオーナー様(ご婦人)には平成14年10,586km時に弊社が当時の175項目DD6点検整備を3ヶ月掛け仕上げた後にお納め致しました。その後は現在の123,700kmまで約17,800kmとあまりお乗りになられなくても弊社指定工場で12ヶ月、24ヶ月点検整備を確りと施工され大事にお乗りになられていた逸品です。新車時からの整備記録簿は30枚にもなります。オリジナルのDD6は3速ロックアップなしA/T、アーデンはZFのロックアップ付き4速ミッションで低速の加速が良く立ち上がりが早いです。

AJ4-1 アーデン社での変更部分
①GM400 A/T3速 → ZF4速ロックUP機構
②デフのギア比変更により立ち上がり速度時間の短縮
③全てのメッキ部ブラックアウト
④排ガス規制がゆるい時の仕様

整備履歴

  • H2年8月 2,535km 新車時2,000km時点検 リンカーンモータース 
  • H2年11月 8,553km 臨時整備 リンカーンモータース
  • H3年7月 25,152km 12ヶ月点検整備 リンカーンモータース
  • H4年1月 37,796km 6か月点検整備 リンカーンモータース
  • H4年6月 50,242km 12ヶ月点検整備 リンカーンモータース
  • H4年12月 58,752km 6ヶ月点検整備 リンカーンモータース
  • H5年1月 60,324km 臨時整備 リンカーンモータース
  • H5年7月 65,768km 24ヶ月点検整備 ジャガージャパン
  • H7年8月 70,803km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H8年10月 71,221km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H9年7月 72,266km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H10年7月 78,439km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H11年7月 81,090km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H12年4月 83,447km 臨時整備 天龍自動車工業
  • H12年8月 90,328km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H12年11月 95,279km 臨時整備 天龍自動車工業
  • H14年5月 105,479km 臨時整備 森オートサービス
  • H14年9月 105,884km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H15年8月 109,063km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H16年7月 113,506km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H17年8月 117,260km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H18年8月 121,335km 12ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H19年8月 121,497km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H21年8月 121,669km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H23年9月 122,340km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H25年9月 123,166km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H27年9月 123,198km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • H29年9月 123,539km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • 令和1年9月 123,557km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業
  • 令和3年9月 123,606km 24ヶ月点検整備 天龍自動車工業

私共でもこれからフロントガラス交換(石ハネ、砂粒跡の為)右フロントドアの再ペイント(パテ枯れの為)、前後ガラス縁腐り箇所の板金ペイント他、数々の納車整備を致します。

アーデンらしい精巧なマスク!!
スライディングルーフなのにフラットな屋根
広い開口部のサンルーフ
細いステアリングホイールは手にしっくりと馴染みます。
たっぷりとしたリアシートとぶ厚いシャギーマット
シフトゲートは後部座席から見ると細くてエレガントです。中央にはこの頃の年代ではとても稀有トリップコンピューターが備えてあります。
低い大きな使い易い開口部です。横からも容易に出し入れが出来ます。
アーデンジャガージャパンのコーションプレート
ヘッドライトワッシャーが備えられています。

アーデンについて

1990年を跨いで約30年の歴史がある外国自動車販売の大手であるリンカーンモータースと云うディーラーが有りました。ポルシェ、サーブ、ロールスロイス、他のディーラーでした。その頃、ドイツ国から正式に承認されたアーデンジャガーと云うメーカーが有り、この日本に於けるディーラーがリンカーンモータース子会社の【アーデンジャガージャパン】でした。ドイツにおける正式なメーカーと認められるには販売車両の約7割以上がアーデンのチューンナップ、モデファイされた車両で出荷の実績を認められる必要があり、その承認されたメーカーが正式に車体番号の打刻と車名を付ける事を許されるのです。因みにエンブレムの緑はジャガー、黄色・赤・黒はドイツ国旗、真ん中のお城はドイツの貴族であるアーデン自身のお城ではね橋まである立派なお城です。

販売車両 30U1 DD6

Daimler Double Six

1991年(初度登録平成3年1月)ディムラーダブルシックス 右ハンドル 51000km サンルーフ仕様 サボイグレーメタリック/セビルグレー(コノリーレザー) このDD6は弊社代表がアーデンジャガージャパンを子会社に持つ輸入車ディーラーの大手リンカーンモータース在籍時に新車並行車として某有名建築設計事務所様にお納めした縁の深い車です。それから全部弊社のお客様の方々を経由して再び弊社に来て呉れました。強いえにしを感じさせてくれる名車です!!このサボイグレイと云う色は最近世界中の車、日本車もそうですが、とても注目されて来た人気色です。30数年前も前にこのお洒落なフォルムを醸し出すセンスは流石ジャガーカーズです!!!当に流線形!(少し古い表現?)のフォルムを最高に生かす本当にお洒落な色です。あたかもイタリアのサヴォイ王家を彷彿とさせる濃い目の琥珀色にほんの少しメタリックを加えたとても上品な佇まいを感じさせるこの車が通り過ぎるのを見た人々の表情が楽しみです。1~2か月位かけて弊社独特のダブルシックス点検整備210項目を施工し1年間又は1万キロ先に到達時迄の保証を付帯して、心を込めてお納め致します。(通常3ヶ月以上掛かりますが既に途中まで整備を終えておりますので短い期間でご納車可能です。)

定期点検記録簿 (全て認証工場又は指定工場)

  • H5年8月 A/Cコンプレッサー交換他臨時整備 リンカーンモータース
  • H6年1月 24ヶ月定期点検整備 リンカーンモータース
  • H7年2月 12ヶ月定期点検整備 リンカーンモータース
  • H8年1月 24ヶ月定期点検整備 リンカーンモータース
  • H10年2月 24ヶ月定期点検整備 リンカーンモータース
  • H12年1月 24ヶ月定期点検整備 世田谷モータース
  • H13年6月 12ヶ月定期点検整備 天龍自動車工業
  • H14年1月 24ヶ月定期点検整備 ヤムズファクトリー
  • H16年2月 24ヶ月定期点検整備 ヤムズファクトリー
  • H18年1月 24ヶ月定期点検整備 天龍自動車工業
  • H19年1月 12ヶ月定期点検整備 ジャガー川越
  • H20年2月 24ヶ月定期点検整備 ジャガー川越
  • H22年1月 24ヶ月定期点検整備 ジャガー川越
  • H23年2月 12ヶ月定期点検整備 ジャガー川越
  • H24年1月 24ヶ月定期点検整備 ジャガー川越
  • H26年9月 24ヶ月定期点検整備 天龍自動車工業
  • H28年10月 24ヶ月定期点検整備 アロハモータース
  • (R1年)H31年4月 24ヶ月定期点検整備 札幌自動車整備工場
  • R5年3月 臨時整備 天龍自動車工業
210項目整備&1年10,000㎞迄の保証付き販売
車両本体価格(税抜き)¥4,500,000-
車両本体価格(税込み)¥4,950,000-
お支払い総額    ¥5,150,130~
現状販売 保証なし整備なし(整備済みの項目は含まれます。)
車両本体価格(税抜き)¥3,500,000-
車両本体価格(税込み)¥3,850,000-
お支払い総額    ¥4,024,830~

点検整備済み項目

  • ヒューズBOX裏側焼損の有無 レ
  • 重点的に外部点検 メインリレー、フューエルポンプリレー点検 レ
  • 各ヒューズ等点検清掃 レ
  • エアクリーナーの検査、テスター使用 レ
  • 燃料ホースの状態交換:又は締め付け エンジンルーム内 レ
  • 同上 トランクルーム内 レ
  • 燃料ポンプ異音 交換時期 レ
  • バランスチューブのガタ及びホースのはめ込み緩み レ
  • スロットルシャフト左右2ヵ所ナイロンブッシュ点検 レ
  • ウインドウォッシャー液 レ
  • ダクト左右水抜きホース詰まり点検清掃 Cレ
  • ヒーター作動検査 レ
  • ヒーターバルブ点検 動作確認 レ
  • エアコン作動点検 真空引き ガスチャージ 外気34℃ 室内8℃
  • エアコンガス漏れ点検 リークテスターで点検(コンプレッサー、配管接続部)レ
  • エアコン各ホース他機能検査 レ
  • エアコン用アイドルベアリング点検ベルト外し脱着点検 レ R5年3月交換済み
  • エアコンガス圧力検査 レ
  • オイルプレッシャーゲージユニット レ
  • シリンダーヘッドガスケット オイル漏れ レ
  • クランクシャフト前後 オイル漏れ レ
  • エンジンオイル汚れ 量 レ
  • オイルフィルター汚れ 量 レ
  • オイルフィルター取り付け部の漏れ レ
  • LLC汚れ、量 レ
  • ブレーキオイル汚れ 量 レ
  • エンジンアイドリング状態 水温高い時 レ 800rpm
  • 左右テールパイプの汚れ具合の判断 レ
  • エンジンの掛かり具合・異音
  • エンジンスターター本体、作動時リレー等の目視、検査焼損、電源コネクターの状態 × リレー交換
  • デスビキャップの状態 レ
  • アンプリファイアーの状態(対策有無) レ 対策済み
  • アンプリファイアーからIGコイル関連のワイヤーハーネス2SETの状態 レ
  • イグニッションコイル(シングル・ダブル)国産変更の有無は レ シングル
  • コイル底辺部断熱カバーを新規取付 レ カバー取付済み
  • プラグ12本点検 × 交換済み
  • イグニッションスイッチ点検フォルダーのガタ レ
  • 排気ガスの状態 レ
  • 運転席レールのガタ 有無 レ
  • ワイパー及びブラシ点検及び機能 レ
  • ヘッドライトワイパーウォッシャー作動確認 レ
  • シガーライター機能 レ
  • モニターランプの点検 レ
  • ヘッドライト、ストップランプ等の状態 レ
  • サイドマーカーランプ清掃ゴムパッキン検査 レ
  • ドアのウエザーストリップ状態 レ
  • トランクのウェザーストリップ状態 レ
  • リアウインド下部及びドレーンホースの清掃 レ
  • トランク上部、フラップの状態 レ
  • トランク内天井内張点検 レ
  • (ドアー)(ボンネット)(トランクフード)の立て付け レ
  • ボディーの傾きフェンダー位置で計測 レ
  • ジャッキホルダー傷みがひどい時は交換 レ
  • 各ドア四方下部水抜き穴詰まり点検清掃 レ
  • 三角表示板の有無 補充 レ
  • ラック、ハンドルBOXオイル漏れ O/H済み ホース、ブーツ交換済み
  • 左右ブーツ内オイル漏れ ×
  • BOX取付けブッシュの損傷 レ
  • パワステポンプオイル漏れ、量 レ
  • パワステホース状態(高圧ホース、低圧ホース、6年過ぎたら交換)×
  • パワーステアリング作動時の異音の有無機能 レ
  • ボルト ナットの緩み レ
  • ホイールの状態 摩耗と変形 損傷 レ
  • タイヤの空気圧調整 レ
  • オルタネーター性能検査 レ 
  • ターミナル部の緩み損傷有無 レ
  • ターミナル掃除 レ
  • バッテリー性能・液量・比重 レ 590CCA 12.8V
  • 漏電検査 レ 暗電流 0.02A以下
  • フットブレーキ 床板の隙間 レ
  • パーキングブレーキ 引きしろ レ
  • オートマチックトランスミッションオイル漏れ レ 床垂れなし
  • ニュートラルスイッチの作動テスト レ
  • ガソリンタンクにじみ、漏れ、点検 レ
  • ガソリンタンク左右よりチャコールキャニスターラインのパイプ詰まり点検 レ
  • 2ウェイバルブ点検(並行車はパイプ詰まり点検)レ
  • チェンジオーバーT型バルブ 作動点検 レ
  • 時計・トリップコンピューター作動点検 レ
  • クルーズコントロール作動点検 レ
  • スライディングサンルーフ レ
  • サンバイザーロック左右 ×交換
  • 左ミラー 修理
  • スペアキー レ
  • 取扱説明書 レ
  • 車載工具 レ
  • スペアタイヤ レ

前から後ろに伸びた1本のクロームメッキモール
本物!クロームメッキのミラー
ゆったりと大きいリアシート ぶ厚いシャギーのフロアマットに依り床からの音の遮蔽性も抜群です。とても綺麗な毛足の長いシャギーマットです。
広く大きいサンルーフ
開口部がとても低く、広く奥行が深いトランクルームです。
ヘッドライトワッシャーワイパー

販売車両 29U6 DD6 

DaimlerDoubleSix

210項目点検整備の大半を終えました!!

名義変更書類(警察署で証明された車庫証明を含む)をご用意下されば約10日間位でお納め出来ます。(地方への陸送日程は別です。)

ディムラーダブルシックス 1992年(初度登録平成5年2月) ディーラー車 右ハンドル 1オーナー ≒45000km実メーター!!! 一番人気のこのクラス唯一の色ブルックランズグリーン!!! 内装パーチメント(少しグリーンが入って居ります)ハンドメイドで長年ジャガーカーズに於いて研鑽され仕上げられた極上なサルーンディムラーダブルシックス。最後のシリーズⅢ。これを数か月掛かりで、莫大な費用を掛ける弊社独自のダブルシックス210項目整備(陸運支局が指定する車検時の24ヶ月整備項目は56項目)を施工し1年間又は1万km(新車時では6,000km)保証を付帯してお納め致します。(通常3ヶ月以上掛かりますが既に4~5か月間掛けて主要な部分は90%位まで整備を終えておりますので車庫証明等が揃えば約2週間位でご納車可能です。遠路の陸送日は別になります。)既に加修費用を375万掛けて仕上げました。こんなに掛けないと乗れないのか?とお思いの事も…然し30年位前の旧車です、それを新車に近いレベルに戻す、と云うのは当時「ジャガーは壊れる」と云う有名な話がありました。それは新車をろくに整備をしないで納めて居た現実が有ったからです。ベンツは壊れない→ジャガーは壊れる…そんな話はもう有りません。最初に確りと整備を施して有れば全く問題有りません。現に弊社からお納めしたDD6を問題無く毎日乗りをして居られる方々が大勢いらっしゃいます。新車のレベルを目指して頑張って居ります。(作業済み内容は下部に掲載してあります。)恐らくこれから100年経ってもこの様な無駄贅沢な生き物の様な名車は造られないでしょう!!現存するこの車も、もう殆ど姿を見ません。無論ワンオーナーカー等・・・・今回のDD6は先ず存在しない(ダブルシックスの為に設計製造された)タイヤ「ピレリP5 215/70VR15」タイヤ溝も充分有ります。4本装備されて居ます。先ず例が無いでしょう。逸品です!!!

*年式表示につきまして 訂正前1993年→訂正後1992年 
これは輸入元の「ジャガージャパン」さんに当車両の年式を念の為問い合わせしたところ「平成5年の初度登録なら年式は平成5年型です。」と云われ、「平成5年は1993年ですよね⁈」と尋ねましたら「そうですね!」と云われましたので1993年式と表示しておりました。が、よくよく製造年月を調べました所、当時のディーラー(輸入元)オースチンローバージャパンでは当車は1992年型の決まり。前オーナー様は新車当時ディーラーから1993年の最終モデルとして購入された様ですが、弊社はDD6の専門店として1992年と表示する事と致しました。

定期点検整備記録簿

  • H8年2月 24ヶ月定期点検整備 (株)新東洋 (認証No2-3527)
  • H9年4月 12ヶ月定期点検整備 (株)新東洋
  • H10年2月 24ヶ月定期点検整備 (株)新東洋
  • H11年2月 12ヶ月定期点検整備 (株)新東洋
  • H12年2月 24ヶ月定期点検整備 (有)川瀬自動車整備工場(東指2-398)
  • H14年4月 24ヶ月定期点検整備 (有)川瀬自動車整備工場
  • H18年5月 24ヶ月定期点検整備 (有)ガレージオートサービス
  • H24年5月 24ヶ月定期点検整備 (有)ガレージオートサービス
  • R4年1月 210項目の内多数項目 (有)ブリテッシュモータース(7473)
  • R5年2~7月 210項目の内40項目以上(株)天龍自動車工業(東指1~354)
  • R5年5月 臨時整備 他多数項目 (株)天龍自動車工業

210項目整備&1年保証付き販売

車両本体価格(税抜き)¥6,700,000-

車両本体価格(税込み)¥7,370,000-

お支払い総額 ¥7,515,380~

 保証なし現状販売の場合(整備済みの部分は含まれます。)

 車両本体価格(税抜き)¥5,700,000-

 車両本体価格(税込み)¥6,270,000-

 お支払い総額     ¥6,432,180~

210項目DD6チェック&整備 作業済みの一部

  • パワステラック リビルト交換 ZF
  • パワステポンプO/H 
  • パワステ低圧・高圧ホース3本交換
  • パワステオイルクーラー交換
  • 左右ガソリンタンク・タンクユニット交換
  • ガソリン切り替えバルブ・センター・左・右
  • インジェクターレールASSY O/H(超音波洗浄・シール・マウント・ホース・バンド交換)
  • エンジンルームガソリンホース・ホースバンド交換
  • デストリビューター分解・各部交換(ディスキャップ・ローターアーム・バキュームアドバンサー)
  • スパーククラブ・コード交換
  • 補助エアバルブホース交換(エアバルブ・バイパスホース)
  • フューエルポンプ・フィルター交換(ポンプ・フィルター・リレー1・リレー2)
  • ラジエターAssy交換
  • コンデンサーAssy交換
  • リキッドタンク交換
  • ラジエターホース・ブリーザー・キャップ交換
  • ラジエターサブタンク交換(アルミサブタンク)
  • サーモスタット左右交換・ガスケット交換
  • 左ウォーターレールメクラプラグ交換・ボルト修理
  • ヒーターバルブ・ホース・ウォッシャージョイント交換
  • ファンカップリング交換
  • ファンベルト4本交換
  • リアサスAssy&ドライブシャフト脱着(リアサスキャリパーO/H・ローター・パッド・デフサイドシール・デフサイドシールOリング・ベアリング交換)
  • フロントブレーキキャリパーO/H(ローター・パッド・ピストン交換)
  • フロントブレーキホース2本・リアブレーキホース交換
  • ブレーキマスターO/H(ブレーキオイル交換)
  • プロペラシャフト脱着
  • ATマウントブッシュ交換
  • EXTマフラー脱着(ステンレス中間パイプ・バンド交換)
  • キックダウンスイッチ交換
  • スタビライザーリンクブッシュ交換
  • ワイパーブレード交換
  • 前後ショックアブソーバー交換
  • 全油脂類交換(エンジンオイル・オイルエレメント・ATF・デフギアオイル)
  • スモール球ソケット配線一式交換
  • エンジン調整(プラグ・デスビのピックアップコイル・ガバナー・バキュームアドバンサー・イグニッションタイミング・アイドリング・排ガス・スロットルバルブ・エアギャップ・スロットルリンクロット調整 他)
  • 左右プレッシャーレギュレーター・バキュームホース交換
  • A/Cブロアモーター 右不動の修理
  • フロントウォーターパイプ腐食交換
  • フロントウォーターバイパスホース交換
  • 左ウォーターレールブッシュ交換・同パイプも交換
  • 右側ヒーターホース交換
  • ロアホース交換
  • ラジエターエアブリードパイプ腐食で交換
  • サイドスリップ調整
  • リアサスメンバーフロント側左右マウント交換
  • イグニッションアンプ熱対策
  • イグニッションコイル配線修理
  • ウォッシャータンク脱着オーバーフローホースの交換
  • エンジンアンプの回転信号配線修理
  • インジェクションパイプホース交換
  • インジェクションパイプOリング12個交換
  • A/Cコンプレッサー交換
  • A/C Oリング・プレッシャースイッチ交換
  • エキスパンションバルブ交換
  • レシーバータンク交換
  • A/C低圧・高圧ホース交換
  • フロン回収・ラインクリーニング洗浄
  • 真空引きガスチャージ 134a
  • トリップコンピューターの時計不具合修理
  • 各灯火装置点検・各部修理
  • ウィンカー修理(ステアリングコラム脱着・ハザードスイッチ交換)
  • ラジエターリザーブタンクのオーバーフローパイプつまり修理

販売車両 28U46 DD6 

売約済み ありがとう御座いました。

ディムラーダブルシックス 1993年 最終モデル ディーラー車 右ハンドル 74,760km ワンオーナー

弊社独自のDD6 210項目点検整備(DD6に精通した専門のメカニックが2~3ヶ月掛けた重整備)施工後1年間又は1万キロのどちらかに到達する迄の保証を付帯(30年前当時のディーラーでは1年間6000kmでした。)車検は2年取ります。

約30年近い前のDD6で、ワンオーナーと云うのは稀有とも云える”名車”ダブルシックスです。これからも先ず出て来ないと思う逸品です。又、このブルックランズグリーンと云う色はBMW、ベンツには無い。又、現代のジャガーにも無い唯一無二の色、ダブルシックスシリーズ3だけにマッチングするエレガントの代表とも云えるボディーカラーです。内装は少しグリーンがかったコノリーレザーのパーチメントです。走り去って行くその後ろ姿は当に貴婦人そのものの何とも云えぬ雰囲気を醸し出します。そのハンドメイドで、然も贅の限りを尽くした製法は古き良き時代での背景に生まれ、これから100年経っても先ず作られない事でしょう!!

流麗な長いサイドビュー!!
重厚な!
大きく広い開口部
最大限のリアウインド
ドアトリムは象嵌でのアクセントライン
豪華なダッシュパネル
芸術品!!
綺麗な天井
大口径スピーカー
大きなリアシートと遮音性の高いシャギーマット
細巻きのステアリングホイール
オールアルミV12気筒5300CC

販売車両 Arden AJ4-2

売約済み

中央に小さい凹み有り)
(小傷有り)
(平たいガソリンキャップ)(リアーウッドハットトレイ)
(部分腐り有り)
(シャギーマット)
(アーデン・コーションプレート)
(電動ルーフ)

販売車両 MINI Cooper 正規最終モデル

売約済み

1998年式(1997年11月初度登録)車検 令和5年2月9日

AT 40600km実メーター タヒチブルーメタリック

正規ローバージャパン物 オリジナルペイント

コイルスプリング(車高調整付き) ショックアブソーバー(カヤバ)

ステンレスセンターマフラー ステンレスフェンダーモール

販売車両 28U23 XJS

Jaguar XJS 4.0 convertible 売約済み

ジャガーXJS4.0コンバーチブル 1993年式 ディーラー車 右ハンドル ボディカラー:ブリティッシュレーシンググリーン シートカラー:ドスキン・パイピング 76300km 車検・令和4年4月2日  型式 E-JDD 排気量4000cc 車両重量1750kg 長さ482cm 幅181cm 高さ129cm パワーシート・シートヒーター・ETC・CDプレーヤー・Bluetooth付 3ヶ月3,000km保証付

令和3年 ソフトトップ張り替え

令和2年 本革シート張り替え、ブレーキパッド、ローター、タイヤ、ショックアブゾーバー、パワステホース、フューエルポンプ、幌ポンプ、エアフロメーター、O2センサー等々交換済み

整備記録簿
1994年10月1619km、1998年11月11020km、2000年11月15452km、2004年2月20122km、2010年12月45227km、2011年11月55087km、2012年11月58895km、2013年6月62865km、2014年1月65827km、2014年12月67691km、2016年1月68332km、2016年12月68613km、2018年1月68894km、2020年4月69695km、2020年4月70139km、2020年5月70810km、2020年10月73014km、2020年11月73273km、2021年4月74651km

ジャガーXJS
Eタイプの後継機として1975年に登場したXJS 1977、78年にはアメリカのツーリングカーレースで優勝し、1980年代ではトム・ウォーキンショー・レーシングの手によって11戦中7勝を上げ、ETCタイトルを手中に収める大活躍、その後のルマン復活への足がかりとなったジャガースポーツカーのコンバーチブルバージョンです。

シートに使用されるコノリーレザーは、スカンジナビア半島にある石垣の牧場で飼育されたものです。虫刺されが少なく、有刺鉄線の傷のない特別な革をXJSではふんだんに使用しています。(*現車は2020年に同等の上質なレザーで張り替えてあり、革も柔らかい状態です。)ウッドパネルは 少量しか取れないとても美しい木目のバールウォールナッツ(胡桃の木の根の部分 模様が綺麗)を使用。

他に類をみないスポーティで上品なシルエット、洗練された雰囲気のインテリア、滑らかで力強い走り、どれをとっても優雅で気品に満ちています。

贅沢なグランドツーリングカーです。
現車はXJ-SからXJSに変更した後期型直列6気筒4000ccモデルになります。